2009年01月02日

PSP-3000の問題

 PSP-3000は発売日に購入していたのですがPSP-2000を複数代所有している関係で簡単な動作チェック後に使用しないまま放置状態でした。

少し前にPSP-3000バリューパックの特価品を勢いで購入したので、最近になって動画再生用に一台使うようになりました。使用し始て画面に違和感を感じたので原因を探って見ると、本体内蔵の液晶画面の表示がインターレス表示になっているではありませんか!
 
インターレス表示について簡単に説明すると、ブラウン管のTVで長く使われてきた方式で、絵(ドット)の奇数ラインと偶数ラインを1/60秒づつ交互に表示して1/30秒で一枚の絵にする方式です。ブラウン管TVでも末期のワイドタイプで上位モデルではインターレス画像を処理してノンインターレス表示する機能を搭載した製品も多かったです。

昔の長残光のブラウン管ではチラツキも少なく気になりませんでしたが、最近の反応速度の速い液晶では黒いラインが交互に見えてしまうため汚くて暗い画像になってしまいます。(色合い的には黒い透明なフィルムをかぶせて見ている感じと言えば分かりやすいかと。)

ノンインターレスが売りの液晶でインターレス表示させる意味は無く、新型液晶で色合いの再現性の向上があっても動画やゲームでは色合いも暗くなり画質的にはPSP-2000よりも悪くなっているではありませんか・・・。これにはがっかりしました(^-^;

XMB、ゲーム、動画と全てにおいてインターレス表示になっています。
これは多分、ゲーム画面のインターレスTVへの出力へ対応させた弊害と思われます。
このことで個人的にPSP-3000の価値はなくなりました。液晶の品質を上げもインターレス表示ではだいなしですね。

ネットでこの事を調べてみたら「PSP-3000のインターレス問題」として国内外で取り上げられていたようです。雑誌や商用サイトの発売前のPSP-3000のレビューでこのインターレス問題が取り上げられていなかったのはどうしてなのでしょうか。気になります。

噂ではインターレス問題を解消した「改良型PSP-3000、新型PSP-4000」の投入が予定されているとの事。PSP-3000の画質ではクレームも多いでしょうから当然と言えるかもしれません(^-^;
posted by Dama at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。