2009年09月09日

PSP-2000分解

 みなさん、こんばんは。
ノートPCやPSPなど何でも分解してしまう管理人Damaです。
(ちなみに管理人NFCも分解するのは得意です。)

意味不明な挨拶はさておき、前回の Dell Inspiron 6400 分解レビューに続いて、落とした衝撃でUMDを読み込みできなくなってしまったPSP-2000を分解してみました。
 
JK_PSP2K.JPG

いつものようにサクッと分解してみました。
分解の注意点として、封印シールをはがすことになるためメーカー保障は受けられなくなりますので覚悟を決めて分解しましょう。

写真では乱雑に置かれているように思える部品ですが、配置にも意味があります。(嘘です)
よく見ると2台分の部品が混ざってたりしますが気にしないでください。多分、問題ありません。

写真では途中経過の状態ですが、この後UMDドライブも完全に取り外して全バラ状態まで分解しています。分解したついでにボタン周辺の汚れを綺麗に清掃するのも忘れずに。


UMDドライブの読み込みできない原因はフレキケーブルが外れていたせいでした。取り付けたら問題なく動作しています。ドライブ本体の故障でなくてよかった(^-^;

UMDドライブの蓋をとるときの注意点ですが、金属フレームを抑えているゴムは取り外さないこと。本体したの蓋と本体の設置面から分解するようにしましょう。ゴムは両面テープで固定されているので取り外してしまった場合は新しく両面テープを張りなして固定すれば問題ありません。


合計2台のPSP-2000を分解・組み立てしてみた感想ですが、分解・組み立て共に難易度は予想より低かったです。分解マニア(?)なら楽々作業できるくらいの難易度と思います。

細かい部品や強度の低い部品も多々あるので、分解に不慣れな方や不器用な方は分解はやめておいた方のが良いかと思います。

分解ついでにPSP-2000の交換用シェルを注文してみたので無事購入できたときには分解のポイントなどを紹介するレビューを追加したいと考えていますのでお楽しみに!
posted by Dama at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。