2010年05月21日

ダークフリート・シリーズ登場!

DF-85_01.jpg DF-35_01.jpg

Antecのハイエンドゲーミングケース「ダークフリート」が発売となりました。

AntecMAPでもレビュワー募集されていたのでご存知の方も多いのではないでしょうか。


大型のフラグシップモデルTWELVE HUNDREDの後継のDF-85(写真1)
一回り小型のNINE HUNDRED TWOの後継と言えるDF-35(写真2)

という感じです。

フロントのフィルター清掃が簡単に行えたり、天板に2.5インチホットスワップベイを搭載したりと意欲的な作りとなっているので気になっています。

価格もDF-85で2..3万円、DF-35で1.7万円と比較的低価格になっているのもコストパフォーマンス高そうですね。かなり気になる存在です。
posted by Dama at 11:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リンクありがとうございました。(>Д<)ゝ”
自分にも気になる存在です。塗装の市外がありそうで(笑)
DF-85に関してはAntec1200のサイパネがそのまま流用できるようですね。
流用する意味があるかと言われれば…ですがw
Posted by りくんちゅ。パパ at 2010年05月23日 11:12
こちらこそ、リンクの設置ありがとうございますm(_ _)m

基本デザインは継承しているのでサイドパネルは流用可能なんですね。相互で保守パーツとして活用できますから意味あると思います(*゜―゜)
Posted by Dama at 2010年05月23日 11:58
スミマセン。
りくパパさんに勘違いさせたかもカモ?

DF−85]のサイパネは1200とは違います。
同じなのは、アクリル部分だけです。
ここは、全く同じだったので、流用可能ですが。
Posted by ひろひさる at 2010年05月29日 07:35
なるほど。アクリル部分が同じなんですね。

アクリルも割れたりするので流用できるのは良いですね(*゜―゜)
Posted by Dama at 2010年05月29日 18:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150581626
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。