2010年08月23日

HTPCケース

 今年の夏は暑いですね。連日の猛暑にMainPCからの発熱に耐え切れず、Core i3-520 + GIGABYTE GA-H57M-USB3を小型の横置きPCケースAntec NSK1480に組み込んだ省スペースPCに変更してファイルサーバPCとあわせて机の棚の上に設置しています。

構変が多すぎてPC工房の更新が追いついてないです(^-^;
(写真は用意しているのでスペックやコメントの準備ができたら更新する予定。)
 
横置きPCケースは選択肢が少なくて選ぶのは大変です。

Main_2010_01.JPG

夏季限定のMaiPCに使用しているAntec NSK1480はロープロである点と光学ドライブが24pinATX電源ケーブルを挿す位置の上に来てしまう事意外は不満なところもなくて気に入っています。薄型光学ドライブを導入したりと工夫して小型ながらも快適に動作しています。

現状ではファイルサーバPCよりMainPCのほうが薄く小型になってしまいました(^-^;

FS_2010r2_01.JPG

ファイルサーバPCで使用しているのはSilverStone SST-GD05B。サイズがやや大きいのとHDDの冷却に不安が残りますが奥行きが33cmと短いので良い感じです。


猛暑が一段落して涼しくなったらCPUは4C/8Tなi7-860に戻す予定です。i7-860はGA-H57M-USB3に搭載することは可能ですが、そうすると現状の小型のPCケースではGPUやクーラーの問題も発生するので元のAntec Nine Hundred Two+ Asus P7P55D DELUXEに戻すのが理想かなとも考えています。

Antec NSK1480は奥行きが41cmと長いので、ディスプレイポート用ケーブルが壁に当たってやや無理のあるテンションがかかってしまうので設置当初から気になっていました。
ケースを買い換えたいところですが、資金的な面に加えて横置きタイプでは良さそうなPCケースがありません。

フルサイズのカードが使えてデザインもよく価格も安いSST-GD05Bをもう一度購入してしまうことも考え中。

lianlipc-c5001-575x273.jpg

発売前の製品ですがLian-Li PC-C50も気になっています。Lian-Li PC-C50はとSST-GD05B似た内部構造をもち、HDDと光学ドライブの設置位置を入れ替えることでSST-GD05Bの唯一の弱点だったHDDの冷却性能が改善されているのでパーフェクトな作りです。かなり欲しいのですがLian-Liはオールアルミですから3万円くらいと予想される実売価格はコスト的に厳しい・・・。昔は星●の影響などでアルミ派でしたがネジ山潰れ(重いGPUを挿しておいたら重さで潰れました・・・)の経験から「フレームは頑丈なスチール派」に転向したのでその点でもマイナスですね。


□Lian-Li PC-C50 HTPC Chassis - 参考URL
http://vr-zone.com/articles/lian-li-announces-pc-c50-htpc-chassis/9646.html (VR-Zone)
http://www.techpowerup.com/128892/Lian_Li_Launches_PC-C50_HTPC_Chassis.html (techPowerUp!)


ほかに良さそうな横置きHTCPケースないですかね。情報求む!

自分にPCケースのデザインさせてもらえないかなぁ・・・と最近思ってみたりしています(^-^;
posted by Dama at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。