2008年12月22日

Coer i7-920 レビュー更新

 Coer i7 920 のレビューを少しつづ追加・修正しています。
組み上げてからまだ数時間しか触ってないと言う状態です(^-^;
RipBot264は8コア全て使うため短時間の発熱や負荷テストに丁度いい感じです。


「動画変換君 マルチコア対応」も内容を少し更新しました。
Core2 Quad Q9550 と Coer i7 920 とのエンコード時間の比較と利用するコア数による性能差などの詳細を追加しました。
内容をすこし紹介すると・・・ 「 動画変換君は8コアの効果無し。反対に遅くなりました(^-^; 」など。
興味のある方は覘いていってください。

RipBot264ほどでは無いにしても2コアor4コア化の恩恵はあるので「動画変換君 マルチコア対応マクロの追加」はお勧めです。
posted by Dama at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

Core i7-920 レビュー追加

 ダマのPC工房へCore i7-920のレビューを追加しました。
まだ未完成ですが定格動作でのベンチマークと消費電力は計測済みです。

OCについては定格でベンチマーク計測後に Vコア1.285V FSB177MHz(x21)に設定してみたところ、軽く3.7GHzは越えました。
3.8GHzあたりのクロックは動作して当然という事なので、当たりなら4GHz越えも狙えるのかもしれませんね。

使用しているファンはリテールなのでコア温度は66〜70度まで上昇。
消費電力は定格の167Wから200W(約40W)へ上昇しています。
これ以上回すなら社外品へ交換しないとダメかも・・・。

FSB177MHzの理由はメモリのクロックが大体1,066MHzになるためです。
メモリのOCは好きではないのでそれだけの理由です。

これ以上というか以下も時間の都合で未確認。
Vコアもあまり昇圧したくないので常用するクロックを探ることになりそうです。
posted by Dama at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

Core i7-920 購入

 年末に買おうかなと考えていたCore-i7を我慢できずに購入してしまいました(^-^;

現在レビューを準備中ですが、MainPCは残しておかないといけないので、入れ替えしようか考えていたHDDを追加で購入することにしたのでまだBIOS画面までしか動作確認していないという状況です。残りのパーツが届いて組み上げたらレビューをと考えています。

それと、Intel Core i7 発売記念キャンペーンの一環 Blog Ring へ参加してみました。Blog Ring は Core i7 購入者向けの得点だそうです。ナンバーは1700。たまたまですけどきりが良い。

リンクに掲載されるかどうかはIntelのチェックが入るようです。
許可が下りるかどうかはまだ分かりません。

今回のキャンペーンは毎週抽選が行われて 「 Intelオリジナルケース、BOSE フロントサラウンドシステム、Canon HDハンディーカム 」が各一名に当たるそうです。

ハンディーカムは人気集中しそうなのでIntelオリジナルケースを選択してみました。ちなみにC2Dのときのキャンペーンはハズレてストラップ2個でした。当たるといいなぁ(^-^;
posted by Dama at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

動画変換君をマルチコア対応に改造!

 Core2 Quad Q9550 を MainPC に導入してから三週間程度経ちました。
OC 3.4GHz で使用していますが秋〜冬と言う季節も手伝い発熱も気になりません。
消費電力増はやや気になりますが4コアパワーを体感しています。

4コアを利用しての感想ですが、普段使う事のある動画変換ソフト aviutl99c3(DivX6.85) や RipBot264 (PSP向け動画の変換) などで4コア動作を確認できました。

DDR2-1066メモリを導入し3.4GHzにOCしていることもあり動画変換速度は劇的に高速化。
30Wのアイドル時の消費電力増以外は不満はありません。

以前、PSP向けの動画変換に頻繁に利用していた動画変換君はどうなのかというと、映画などの長時間動画の引っかかり現象が改善できないため RipBot264 を利用するようになってからはまったく使ってませんでした(^-^;

クアッドコアCPUを活用しようとサイトを回って情報収集していたときに、動画変換君をマルチコア対応?!にする方法を載せているサイト様を発見。

さっそく動画変換君をマルチコア対応に改造を試してみました。
 
続きを読む
posted by Dama at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

m-book GX570X

GX570X_01.JPG

 ノートPC「m-book GX570X」のレビューをダマPC工房のほうへ追加しました。
マウスコンピューター販売の二年前のハイエンドノートです。

Clevo社のGF Go 7950 GTX搭載ベアボーンがベースのハイエンドノートPCで XPS M1710後期モデル と同等のスペックとなっています。

旧モデルのため参考になるかは微妙ですが、WinXP SP3導入手順なども簡単に紹介してます。気になる方はチェックしてみてください。
posted by Dama at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

HDDのS-ATA化 ほぼ完了

HT_SHD500_.jpg

 以前から少しづつ計画していたP-ATAのHDDをS-ATAのHDDへ置き換えがひと段落つきました。
使用しているドライブも1台あるため残ってはいますが、120GB〜300GBクラスの複数台を500GB〜1TBへ置き換えたのでだいぶすっきりしました。

これも実行できたのはここ最近のHDDの急激な値下がりのおかげです。
1TBで9000円〜1万円以下で購入できるわけですから良い時代になりました。

今ならツクモの復活キャンペーンを行っているので、会員の方なら送料・台引き手数料無料の秋葉原価格でHDDを購入できますので、地方に住んでいる方で「大容量のS-ATAドライブが欲しい!」という方はチェックしてみてください。

ツクモ - 送料・台引き手数料無料キャンペーン
http://shop.tsukumo.co.jp/special/081126a/ 
 
続きを読む
posted by Dama at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

JLMOD

 以前から紹介して欲しいと要望の多かった 「 Unlocked Nvidia-Dell Video BIOS - JLMOD 」のレビューを追加しました。

JLMODを導入すればDELLのハイエンドノートPCでオーバークロックへの禁断の扉が開かれます・・・。

JLMODの導入は故障を誘発する恐れのある非常に危険な行為ですので以前から紹介するか悩んでいたのですが XPS M1710 関連情報は日本国内では非常に少ないようですのでコンテンツ充実の一環として紹介することにしました。

まだ一部未完成ですけど参考になるかと思います。

GPUのBIOS書き換えは本当に危険ですので意味を理解できない場合は絶対に作業しないでください。

玄人な方も参考にして作業する場合は故障してもよいと覚悟を決めてから実行するように。
お約束ですがJLMOD導入によりノートPCが故障しても当サイトでは一切保障はできません(^-^;
posted by Dama at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

XPS M1710 レビュー追加

M1710_38.jpg

 ジャンクXPS M1710(2)のレビューをアップしました。でも内容は薄いです(^-^;

パーツ取り用に購入したのですけど分解・組み替えなどをしていたら何故か復活してしまいました。
治るわけがない状態でしたのでどうして正常動作するようになったのか謎です。

釈然としませんけど治ったこと自体は良いことですので素直に喜んでおります。
 
続きを読む
posted by Dama at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

ジャンク XPS M1710 2代目購入

M1710_36.jpg

 新たにジャンクノートPC「DELL XPS M1710」を購入してみました。

先日液晶パネルを購入したばかりですが、付属品も一式揃っていて値段も安めな事と色々パーツを流用できそうで補修パーツとして良さそうなため購入に踏み切りました。

パーツ取りの予定でしたが抜け殻となっている Inspiron 9400 から残りのパーツを流用してみたところ問題なく動作してしまいました(^-^;

再生の過程などはあとでレビューにまとめたらアップしたいと思います。
posted by Dama at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

ジャンク XPS M1710 完全蘇生!

M1710_33.jpg

 Inspiron 9400 のWUXGA(1920x1200ドット)の液晶ユニットを安い値段で入手できたので ジャンクXPS M1710 フレームに移植してみました。

インバーターや配線なども付属していたので、そのまま移植して蘇生できました。後でレビューに追加するかもしれません。

タイトルで完全蘇生と言ってますけど、実際のところはキーボードは相変わらず Inspiron 9400 のブラックのままです(^-^;

バラバラになっている Inspiron 9400 も蘇生してあげたいのでキーボードも買わないとだめかなと思っています。ただノートのキーボード部分て意外と値段が高いのでどうも踏み切れません。
posted by Dama at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AthlonX2 5400 BlackEdition 購入!

AthX2_54BE_01.JPG

 今更ですが、AMDのデュアルコアCPU「 AthlonX2 5400 BlackEdition (Socket AM2) 」を購入してみました。

Core2人気とフェノムへ移行中ということもあり、AthlonX2は値段がかなり安くなっています。BlackEditionは倍率変更可能なため選んでみました。3.0GHzあたりで使えると良いかなと。

まだ箱から出してないです(^-^;
あとでE521かC521へ取り付けて見る予定です。
そのときにはレビューを追加できたらと考えています。
posted by Dama at 12:21| Comment(2) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

玄人志向 KRPW-V400W

 変換効率82%を謳う「玄人志向 KRPW-V400W 」というATX電源を購入してみました。
昨日届いたので早速使用してみました。

さすがというか変換効率82%を謳うだけはあります。
AthlonX2 4850eやCeleron DC E1200といったローエンド&低消費電力環境向けCPUの実際の消費電力見えてきました。

電源の良し悪しで消費電力が予想以上に差がでることのにも驚きました。
やはり粗悪な電源は変換効率もダメダメなんですね。

人気Mini-ITXマザーボード Intel D201GLY/D945GCLF の消費電力も再計測してみました。
とりあえず「Celeron DC 消費電力検証」のところへ記載してあります。
こちらは元から消費電力の少ないモデルのため差はあまり出ませんでした。
そのうち各コンテンツも更新するかもしれません。

AthlonX2 4850e+Jetway JM2A693PLUS-HGも後で時間があるときに再計測してみます。
Intel D945GCLF2にかんしてはファイルサーバーとしてすでに稼動中のため時間があれば再計測してみる予定です。
posted by Dama at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

AMD Athlon64X2 4850e BOX

AMDのCPUは少し前にファイルサーバー用にソケット939の Athlon64 X2 3800+ を購入して以来新しいCPUは購入していません。

今回は ジャンクPC と 動作未確認マザーボード を入手したりといろいろありまして低電圧CPUとして人気の AMD Athlon64X2 4850e BOX を購入することになってしまいました。ほんとはクロックの低い物で十分なのですが在庫がないため上位モデルを購入したかたちです。

Phenom X4 を購入しない理由はクアッドコアより低消費電力に興味があるのと古めのマザーボードでも動作するからです。

ジャンクPC と 動作未確認マザーボード の動作次第ですが後でレビューを追加できるかもしれません。
posted by Dama at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

Intel D945GCLF2 使用感

Intel D945GCLF2 のレビューを更新しました。

購入後、数日間使用してみての感想ですがデュアルコアAtom330は予想以上に快適です。
複数の操作を同時に行ったときのもたつきがかなり改善されています。
もちろんCoreMAにはかないませんけど、デュアルコア化の恩恵は少なく無いはずです。

ただし、シングルスレッドのピーク性能はAtom230と同じですから、更に上の性能を求めるなら Celeron DC や Atlon64x2 eシリーズ を低クロック&低電圧化して使う方のが良いかもしれません。

CPU以外の変更点ではUSBヘッダーが4ポートに増えた事と、オンボードLANのGbLAN化もかなり良いです。
拡張性の乏しいMini-ITXとしての使い勝手はかなり向上しています。

Intel D945GCLF2 かなりお勧めです!
posted by Dama at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

Intel D945GCLF2 購入

待望のデュアルコア版Atom 330を搭載したD945GCLF2が発売開始されました。

D945GCLFのときは在庫不足から通常価格より2,000〜4,000円も上乗せされた価格で販売されていましたが、今回は商品在庫も多くプレミア価格での販売は行われていないようです。

気になる実売価格は1.2万円。リーク情報どうりの価格ですね。
ローパワーなAtomですが「4スレッド実行可能なCPU+マザーボード」でこの価格ですから安いと思います。

以前から買う予定でしたので通販で早速注文してみました。
現物が届き次第レビューを追加する予定です。

Intel D945GCLFとの比較では、CPUの強化のほかにオンボードLANがGbLANに変更になり完成度が高くなっています。

USB2.0ヘッダーも1個から2個に増えています。フロントUSBとカードリーダーを同時に接続したい場合には1個では足りないのでこれもうれしい改良といえます。

D945GCLF での不満な点はほぼ解消されています。
あとはPCIバスがPCI-Ex1に変更してあれば完璧なのですが・・・
そこだけは非常に残念です。

D945GCLF は格安 Mini-ITX として現在でも人気です。
2ヶ月ほど使用しての感想ですが、ネットブラウズや軽作業には向いていますが、通常使用でも「もたつき」があるので快適とは言えません。

アプリ起動、メディアプレイヤー起動、IE7を起動と高速に操作を行うとかなり重く感じるのも事実です。その点が今回のデュアルコア(HTTで4スレッド同時実行)でどの程度改善されるのかが最大のポイントになるのではないかと思います。

クロックは1.6GHzのためピーク性能では差は無いので過度な期待は禁物ですが、期待せずにはいられません。到着が楽しみです。
posted by Dama at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

Internet Explorer 8 ベータ2 日本語版公開!

 マイクロソフトは Internet Explorer 8 ベータ 2 日本語版を公開しました。Internet Explorer 8 は高速化と安全性に重点をおいて開発されたWebブラウザです。

ベータ版ですが試してみて不用な場合はアンインストールも可能のため導入してみて試してみるのも良いでしょう。

ちなみにダウンロードのファイルサイズは13〜16MB程度です。

対応OSはWindows XP/Server 2003/Vista/Server 2008(いずれも64bit版を含む)。
Windows Vistaへのインストールには更新プログラムの「KB943302」が必要。


マイクロソフト、高速化し便利になった「IE8 ベータ2」提供開始
〜フィードバックを呼びかける
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0828/ms.htm

□Internet Explorer 8 ベータ 2 日本語版のサイト
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/ie/beta/default.mspx
posted by Dama at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

玄人志向 GW3.5X4-S2/CB

 少し前に外付けHDDに1TBのドライブを導入した際に、USB2.0の転送速度ではデータ移動に時間がかかりすぎて厳しい状態でした。
そこで、なにか良い物はないかと探していたところ「玄人志向 GW3.5X4-S2/CB 」のジャンク品を発見したので捕獲してみました。

「玄人志向 GW3.5X4-S2/CB 」はSATA2の3.5型HDDを4台搭載可能なeSATA接続のハードディスク筐体です。場合によっては対応のSATA2ボードが別途必要になりますがeSATA接続のため高速にデータ転送可能です。

簡単な動作確認をおこなってみたところ故障しているようで動作しませんでした(>_<)

再利用方を含めて時間のあるときにレビューを追加する予定です。
posted by Dama at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

ファイルサーバー故障?!

 Intel D945GCLF で再構築したファイルサーバーを起動してみるとケース内部から「ジジジー」というものすごい異音が発生?!

あわてて電源を切って原因を調べてみると、マザーボードのチップセット用のファンの故障でした。

初めはよくあるケーブルがファンにヒットして異音がしているものとばかり思っていたので原因が分かったときには驚きました。
ファンが異音を出して故障したのは初めてです。

とりあえずは保守パーツのIntel D201GLYのファンと交換して再生させました。後で4cmファン買って来ないといけません。

自分は気になりませんでしたけど Intel D945GCLF のファンは安物なのかやや高周波ノイズが気になるとの評判ですので、これを機に高性能な静穏タイプへ交換してみようかなと思います。
posted by Dama at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

WD10EACS-D6B ベンチマーク

WD10EACS-D6B_01.JPG

先日購入した WesternDigital WD10EACS-D6B(1TB モデル)のベンチマーク結果です。
5400rpmでも十分高速ですね。

高速アクセス、低発熱、低消費電力と文句なし。
メインで使用するドライブとしても良さそうです。

ダマのPC工房にHDDベンチマークというコンテンツを作成しました。
手持ちのHDDのみですがベンチマーク計測してみましたので興味のある方は覘いてみてください。
posted by Dama at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

HDD 2TB 分を購入

 我慢できずに WesternDigital WD10EACS-D6B(1TB モデル)を2台購入してしまいました。

以前からデータ保存用に使用している外付けのテラボックスIIIの空きスペース用に一台購入したいと思っていたのですが、さすがに2万円では値段が高いので思いとどまっていたのですが、7月下旬からのすさまじい値下がりに釣られて購入となりました(^-^;

もう少し待てば1万円切りそうな勢いですが田舎ではどちらにしても1.2万円台という価格でも購入できません。

そこで秋葉原のショップの通販を利用したわけですが、ショップの送料無料キャンペーンに乗るため二台まとめて購入したかたちです。
(2万円以上購入で送料無料なショップ:ツクモ、クレバリー)

使用感などのレビューは時間のあるときにダマのPC工房の方へ追加する予定です。
posted by Dama at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。